FC2ブログ

Welcome to my blog

momomama

momomama

小学校の頃からお料理が好きで、姉と妹のおべんとうやお家ごはんやお菓子などなどもよく作っていました。たいしてお勉強の出来ない私の人様からお褒めいただける数少ないものでもありました。はじめてのお料理はたまご焼き。大好きな祖父に玉子焼きを食べさせたくて、真剣にたまごを焼きました。ところが「焼く」ことに集中しすぎて、味付けをすっかり忘れてしまったのです・・・(私らしいですが・・・)SOまずいに決まってるんです。でも祖父は「おいしいよ」スマイルっていいながら全部食べてくれました。これがウレシくてそれ以来すっかりお料理好きになってしまいました。今でもお料理しているときは何だか集中して他のことを何も考えないので気分を切り替えるのに最適な方法となっています。幸いお友達はお料理が上手なので、今でも刺激を受けながら我が家レシピがどんどん増えています。(この方々のはおいしいよ~)また、教わったオススメレシピやアレンジしたものをご紹介しますね。祖父ッ子の私はものすごく影響を受けていて、最近そのことを実感しています。記憶の中にある「祖父カレー」なかなか近づけない。記憶では、バター一箱ドボーン入れてと小麦粉、カレー粉、炒めてたような?赤玉ポートワインもどぼぼどぼ入れてたような・・・牛さん、たまねぎ・・・う~んその他いったい何が入っていたのかな~。弁当

私はお料理は好きだけど上手いわけではない・・・なぜか???それはね~ひらめいちゃうからなのだ。
キラキラいままでのとんでもないメニューの一つにこんなのがあったよ。湯で玉子を中に仕込んだメンチのようなものの中にごはんを巻いて、その外側にのりを巻き少しフライする。これを2回繰り返す。とてつもなく大きな物体が出来上がった。私の頭の中の想像では切ったときにきれいなゆでたまごの白と黄色、メンチの茶色と衣も茶グラディエーション、のりの黒とご飯の白。とっても素敵な食べ物のはずが・・・出来上がりはまるで爆弾のようで、しかもごはんは切りにくいということに気がつかず・・・とっても残念な結果になってしまった。そんな実験のようなお料理を食べるのはもちろん旦那様。最近はわりとまともだけれど、突然「ひらめく」これさえ無ければ、結構な腕前なはずなのになぁ~と思うのであります。エヘ
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply